格安スマホのメリットとデメリットを理解しておく事が大切です

格安スマホは、仮想移動体通信事業者(MVNO)が事業展開を進める携帯電話で、MVNOが販売する「格安SIM」を契約及び購入する事で、月々の携帯電話料金を安く抑える事が出来るスマホです。

現在の日本でもその安い料金設定が注目を浴びており人気の高まりを見せております。

又、格安スマホは携帯電話の利用に必要になるSIMカードを自由に抜き差し出来る様になっており、海外では極一般的なスマホと言えます。

使い方は非常に簡単で、MVNOと契約する事で送られてくるSIMカードをスマホ内部のSIMカード挿入口に入れて使用します。

日本国内の格安スマホは、日本のメーカーは元より中国や台湾等のメーカーが生産している格安スマホも多く販売されており、スマホ選択で悩む事は有りません。

又、現在の格安スマホの多くがSIMカードを2枚入れられるタイプが多くなっており、日本国内で使用するSIMカードは勿論ですが、海外への旅行や出張等の際に現地のSIMカードも挿入して使用する事が可能です。

更に、日本国内で販売されている格安スマホは価格も安い物で1万円前後から購入出来る物も有る為、一般的な大手キャリアとの契約やスマホの購入に比べコストパフォーマンスの良さを実感する事が出来ます。

格安スマホのメリットやデメリットについて

次に格安スマホのメリットやデメリットについて理解しておきましょう。

格安スマホの最大のメリットは何と言ってもその料金の安さに有ります。

最近の大手キャリアーと呼ばれる通信会社の料金プランでも安い商品が販売されておりますが、格安スマホの料金はMVNOによっても異なりますが月額1,000円を切るきる料金プランも有りスマホ本体の料金の安さと合わコストメリットの良さを実感できます。

又、格安スマホはSIMカードを自由に抜き差し出来る為、日本に数多く有るMVNOと契約する事が出来ます。

例えば現在契約しているMVNOから他のMVNOに切り替える場合でも、SIMカードを入れ替えるだけですのでとても簡単です。

更に、SIMカードを差し込むだけで使用する事が出来る為、海外に行かれた場合でも現地で購入出来るプリペイド式のSIMカードを購入し使用できますので、現地の安い通信料でスマホを使用する事も出来、海外用のスマホを準備する必要も有りません。

一方、考えられるデメリットとしてはスマホ毎に異なる初期設定等の煩わしさを挙げる事が出来ます。

特にスマホの初心者にはこの初期設定は難しく感じる方も多いです。又、格安スマホの通信は大手キャリアーの回線を使用しているケースが多く、場所は時間帯によっては通信速度の低下や、通話品質の低下が考えられます。

更に、スマホ本体の故障への対応や、バッテリー等の補修パーツの入手性等の悪さを感じる場合も有ります。