使ってみてわかった格安SIMのデメリット

はっきり言いますと格安SIMのメリットはただ一つしかありません。

それはスマートフォンの利用料金が大手キャリアと比較すると格段に安くなることです。

格安SIMのプランや使い方によって違いが出ると思いますが、私や私の周りの人のことを例にとって考えてみれば、概ね大手キャリアのスマートフォン利用料金よりも半分から1/3程度にまで利用料金は下がるようです。

つまり1ヵ月あたり数千円の利用料金のコスト減が見込まれますから、それは年間にすれば数万円もの利用料金の違いとなって自分に跳ね返ってくるというわけです。

大手キャリアのスマートフォンから格安SIMに乗り換えるということは、この年間にして数万円のコスト減と格安SIMを利用することによるデメリットとのバランスがどうなのかということに結論づけられます。

コスト減の恩恵がデメリットよりも大きければ乗り換えますし、コスト減よりもデメリットの方が大きいと感じれば、そのまま大手キャリアを利用すればいいのです。
使ってみてわかりますが格安SIMのデメリットはたくさんあります。

ただ私が使ってみて感じるのは利用者にとって大きなデメリットは大きく三つあると考えていいでしょう。

全て自分で手続きをしなくてはならない面倒さ

一つは大手キャリアから格安SIMに乗り換える時に、全て自分で手続きをしなくてはならない面倒さです。

インターネットなどの扱いに慣れた人ならば手続きが面倒ということは殆どありません。

しかし、大手キャリアのように手続きをすべて代行してくれるようなことはありませんから、慣れない人は面倒と感じたり手続きを失敗したりすることは考えられます。

通信品質が大手キャリアよりも劣る

二つは通信品質が大手キャリアよりも劣ることです。

格安SIMの業者は大手キャリアから回線を借りて営業していますから、回線容量などは大手キャリアよりも劣ることが普通です。

しかし、通信範囲は全く大手キャリアと変わりません。たくさんの利用者がスマートフォンのインターネット回線を利用するような時間帯には、いわゆる通信づまりなどが起こります。

ただ、通信速度が遅いというだけで通信できないというわけではありません。要は通信速度に我慢できるかどうかということになります。

格安SIMは大手キャリアと比べるとアフターサービスが劣る

最後は格安SIMは大手キャリアと比べるとアフターサービスなどのサービス面では劣ってしまいます。

格安SIM業者はぎりぎりの料金で営業しているので、どうしてもアフターサービスなどのサービス面の充実は難しい面があります。

アフターサービスが良くないと嫌だという人にとっては難しいかもしれません。